ミニチュア・シュナウザー

犬種 スポーティング ハウンド ワーキング テリア トイ ノンスポーツ ハーディング 日本原産 犬種一覧
犬種図鑑
ミニチュア・シュナウザー

歴史

ミニチュア・シュナウザーは普通のシュナウザーとアーフェンピンシャー、そしておそらくプードルとの交配から生まれたと言われています。シュナウザーはもともとドイツ産の犬種でマズル(鼻口部)の意味のドイツ語「シュナウツ」から名づけられました。ミニチュア・シュナウザーはネズミを捕るのがとても得意。現在では家庭犬として、珍重されています。

特徴

きっちりと四角い体型で、長い頭、ボサボサしたあごひげや口ひげ、そしてまゆ毛が生えていす。前脚はまっすぐです。卵型の目は暗色で、鼻は黒。V字型の耳は自然な状態では前に折れていますが、断耳して直立させているものもあります。毛色はソルト・アンド・ペッパー、黒、または黒とシルバーで、ばさばさと粗い上毛と柔らかい下毛が生えています。家庭で飼う場合、たいてい背中の毛は短くし、腹側や脚、頭部はやや長さを残します。ショードッグの場合は、クリッピングではなく、トリミング、手でのストリッピングをします。

飼育のポイント

ミニチュア・シュナウザーを手に入れる時は、新聞広告やパピーミル(子犬製造所)、ペットショップなどは避けたほうが無難でしょう。 テリアの中でも最も人気が高いので、悪徳業者や不注意なブリーダーが人気に乗じてよくない状態のワンちゃんを売ってしまうことがよくあるからです。名前が知られていて評判のいいブリーダーから、よく選んで購入して下さい。血統によっては、腎臓結石、白内障、嚢腫、皮フ病やフォン・ウィルブランド病、糖尿病、肝臓疾患などの病気にかかりやすいこともあります。また、太りやすいので食事を与えすぎないように注意。優秀な番犬で、旅の道連れにもおすすめのワンちゃんです。抜け毛がほとんどないので、アレルギー体質の人にもおすすめです。

性格

大変元気のよい目のきらきらした犬です。愛情深くて賢く、他にもテリア種はいろいろいますが、このワンちゃんが圧倒的にしつけやすいです。遊び好きで幸せな性格。注意深いところもあり子ども好きです。飼い主と一緒に過ごしたがります。他の犬に敵意を持つことがあり、争うつもりはなくても、自分の方が相手より上だと態度で示す場合があります。時には自分より大型の犬にしかけることもあり、これが危険につながる場合もあります。気まぐれなところもあるワンちゃんなので、子犬を手に入れようとする時には、子犬の両親犬の気質を参考にして選ぶとよいでしょう。

犬種図鑑

テリア 犬種一覧